朝・夕方の紫外線対策!紫外線は何時から強くなる?ピークはいつ?5月に紫外線量が多い理由!

健康情報

どんどん夏に向かって暑くなっていっています。

実は春と夏では紫外線が皮膚に及ぼす影響が違うってご存知でしたか?

そして1日の中でも紫外線量が違うってご存知でしたか?

朝のジョギングにベストな時間帯なども調べてみました!

Sponsored Link

紫外線について理解しよう

紫外線には主に2種類あるのです。



紫外線B波:日焼けを起こすUVB

紫外線A波:肌の奥深くまで到達し肌老化の原因になるUVA

 

そして日焼けを起こす「UVB」は夏に多く

短期的に皮膚表面にやけどを起こします。

これは皮膚が黒くなって焼けたということを実感できますが

肌老化の原因となる「UVA」は一年を通して降り注いでいて

肌に中長期的に影響を及ぼし、シミ、シワ、たるみの原因となります。

その他にも紫外線は

皮膚がんや白内障のリスクも高まるといわれています。

これは何としても避けないと…



出典:https://onlineshop.kazki.co.jp/contents/harukara.php

5月は日差しも強くなく、油断する人も多いですが

「UVA」は3月から急上昇し

最も多いのはなんと5月なのです。

 

その理由は太陽の角度にあるのですが

1日の昼の長さが最も長い日である6月の夏至。

その前後1ヶ月が太陽の角度が最も真上に近づく日なので

多くの光線が降り注ぐからなのです。

ですが6月7月は梅雨の時期なので、曇の日が多く

比較的晴れの日が多い5月の紫外線量が高いと言われるのです。

つまり5月は「UVA」を意識した紫外線対策が必要なのです。

 

朝の紫外線量はどれくらい?



「月最大UVインデックス(観測値)の時別累年平均値グラフ」(気象庁ホームページより)http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_norm_obs.html

紫外線量がは季節によっても変化があります。

冬よりは夏のほうが紫外線量は多いですが、しっかり紫外線は

降り注いでいます。

上のグラフから見てわかるように

7時以前は紫外線が弱い状態です。

そして9時にはもう紫外線が「強い」状態となり

夕方の17時には「弱い」状態となります。

つまり朝夕にジョギングをする場合は

朝は7時前、夕方なら17時以降

日焼けの心配はないと考えていいでしょう。

あと…UVAとUVBも時間帯によって差があります。

uva

全体的な紫外線量のグラフと同じ形状のグラフです。

そして1日の内で最も紫外線が高い時間帯は12時前後

10:00~14:00の時間帯を避けて外出されると

紫外線の被害が少なくて済むでしょう。

 

ですが太陽が登ると共に朝も紫外線はちゃんと降り注いでいます。

特にUVAは朝の7時ごろから急激に上昇します。

 

曇の日でも紫外線は晴れの日の50%はありますので

常に気が抜けませんね;;!

 

日焼け止めのSPF・PAの意味とは?

日焼け止めに表記されている「SPF30PA++」

これの意味きちんとご存知ですか?

ただ数値が高いほうが効果的と思っていませんか?

 

きちんと数値の意味を理解して日焼け止めを購入したいですよね。

 

SPF30:数字の大小がUVBの防御効果を意味している

PA++:+の数がUVAび防御効果を意味している

 

つまりUVAの多い5月はUVA効果が高い「PA++」の+が多いものを

選ぶのが正しい選択です。

日焼け止めを塗るタイミング

次に日焼け止めを塗るタイミングについてです。

外出する直前に日焼け止めを塗っていませんか?

日焼け止めは肌になじむまでに時間がかかるのです。

ですので塗ってすぐに外出しても、紫外線から肌を守り切れません。

日焼け止めは外出する20~30分前に塗るとよいでしょう。

 

また、日焼け止めのタイプについてですが

スプレータイプの日焼け止めはムラになりやすいため、

朝は乳液やジェルタイプを使用する方がおすすめです。

スプレータイプは塗り直しのときに使用するとよいです。

 

おすすめ日焼け止めグッズ

紫外線からお肌を守るには

やっぱり直接布で覆ってしまうのが

一番効果的ではあります。

↓↓↓




前から見ても横から見ても

完全にガードされています…。

ですがさすがにここまでやるのも気が引ける…

 

そういう方には↓↓こちらのマスクは

通常のマスクと形は似ていますが

きちんとUVカット機能もある↓↓こちらがおすすめです。

普通のマスクタイプは首まではカバーしては

くれませんが大げさではなく

シミのできやすい目元などをカバーしてくれます。

 


きちんと紫外線について知って対策しましょう!

【関連記事】

シミを消す!カソーダの作り方・使い方と注意点!危険性はあるの?
シミがかさぶたのようにはがれるとして噂のあるカソーダですが どのようなシミに効果があるのか? どうやって使うのか? 気になる注意点! 効果などについてまとめてみました!


春の熱中症・対策・症状!熱中症は夏だけじゃない!

台風の最大風速の威力とは?体感でどれくらいなの?

【その他の記事】
村川ビビアン(緋杏)!?姉の名前は真論(マロン)キャッチフレーズは?体重!プロフィール!

佐村河内守氏のゴーストライター騒動が映画化!キャストは本人?!そして彼の今現在は?
高橋真麻アナのアダ名がすごい「鼻モゲラ桃太郎」「鼻フック」?!

【画像】高橋真麻アナの赤ちゃんの頃がすごいw鼻をいじって修正加工写真w

澤穂希の病気・めまいの原因・症状・対処法などについて!

GTO城田優の歴代彼女!そして西内まりやさんとの結婚は?

サッカー武藤嘉紀選手のお父さんは医師?!華麗なる武藤一族

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました