じゃがいもの皮には毒がある?!むかないでも大丈夫?農薬も気になる!

健康情報

よくじゃがいもの芽には毒があると言われますが

皮にもあるらしいんです…

ちょっと詳しく調べてみました!

Sponsored Link


 

芽に毒がある

じゃがいもの芽に毒があるのは有名な話です。

この毒は天然毒素であるソラニン、チャコニンという成分で

なんと加熱しても毒がなくなるわけではないので

必ず調理の際は取り除かなくてはいけません。

 

170℃以上の加熱でやっとこさ分解されるそうです。

家庭で調理する際はとりあえず取り除いちゃうのが一番!ってことですね!
あとちなみに家庭でじゃがいもの揚げ物などをされる時に

冷蔵で保存したじゃがいもを使用すると

発がん性物質の「アクリルアミド」が発生してしまうそうです。

 

油で揚げる際は、常温で保存したじゃがいもを使いましょう!

 

このソラニンやチャコニンは神経毒の一種で

吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、頭痛、めまい等などの症状が現れます。

 

症状が出る摂取量としては

50㌔の大人の場合、50mgほどで中毒症状がでると言われています。

そして更に150~300mgの摂取で、死に至る可能性があります。

 

そして子どもの場合は成人の1/10程度でも中毒になる可能性があります。

 

ですが普通のじゃがいも100gに含まれている毒素の量は約7.5mgほど。

大人なら皮付きじゃがいもを1~2㌔は食べないといけない量です。

しかもほとんどが皮に集まっているので

調理の際にしっかり取り除けば大丈夫です!

20141113_2972043
そしてこのソラニンという成分はじゃがいもの芽だけではなく

緑色になっている部分にも含まれているのです。

そして気づいてしまった方もおられると思いますが

そうです。
じゃがいもの身の方にも毒はあるのです。
ですがごく微量なことと、皮の方に多く含まれているため

皮を向いて食べれば問題ないそうです。
もしもじゃがいもの皮を向いて緑色になっている場合は

厚めに皮を剥きましょう!
ちなみに1ミリほど皮を剥けば大丈夫だそうです!

 

じゃがいもの緑色は一体なんなの?

じゃがいもの緑色の部分に毒がふくまれているのは

わかりましたが、一体どの緑色はなんなんだ?と思った方も

おられると思います。

 

この緑色はじゃがいもに光が当たることで光合成で

「クロロフィル」という物質が作られて緑色になるのです。

 

そしてこの「クロロフィル」と一緒に毒素である

ソラニンやチャコニンが作られているので

緑色は毒素があるよ~というサインなのです。
じゃがいもの中毒症状を起こしやすいのは

まだ小さいお子さんに多いので、小さいお子さんがおられる家庭は

皮と芽をきちんと取り除いて調理しましょう!

 

そして注意ポイントと保存方法

よく小学校などでじゃがいもを育てたり

家庭菜園でじゃがいもを育てる方もおられると思いますが

実は未熟なじゃがいもは緑化速度が速いため、

保存方法によっては危険な場合もあるのです。

 

未熟なじゃがいものソラニンやチャコニンの量は

普通の市販のものの6倍にもなるそうです…

 

正しい保存方法

じゃがいもの正しい保存方法としては

日や光の当たらない涼しい場所に保管すること!

紙袋やダンボールにいれて保存しておくのがよいでしょう。

 

上の方にも書きましたように

じゃがいもを油で揚げる際に冷蔵保存したものは

使わないように注意しましょう!

 

おいしいじゃがいもも気をつけないと危険な食べ物に

なってしまいます!

皆さん、調理の際はしっかり皮をむいてください!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました