眼科ドックの料金は?目の病気の初期症状とチェックリスト

健康情報

眼がもしも見えなくなったら…

そんな生活想像もできませんよね?!

日頃からパソコンでのデスクワークをしている方や

元々視力が弱かったり、一度も目の検査をしたことのない方は

自分の眼のことについてちょっと気になりますよね!

最近注目をあびている眼科ドックについて調べてみました!

Sponsored Link

眼の病気の初期症状とは?

mig

眼の病気と言っても様々ですが

緑内障などは見える範囲がせまくなっていく病気です。

 

この緑内障は40代の20人に1人がかかるといわれており

自分で緑内障だという自覚がある人がけっこう少ないのだそうです。

これは症状がゆっくり進行して視界の端からかけていくからだそうで

人間は見たいものを中心に見るので、周りがかけていても

気づきにくいのだそうです。

 

あと、加齢と関係のある眼の病気である加齢黄斑変性も40代で

発症する場合もある眼の病気です。

ものが歪んで見えていたり、中心が暗く見える、ぼやけて見えるなど

症状があります。
人は知覚の8割ちかくを眼に頼っていると言われています。

早期発見が重要ですね!

 

眼科ドックをした方がよい人はどんな人?

最近40代での失明が増えているとは…

眼が覚めている間はずっと働いている眼の筋肉ですが

スマホの使いすぎデスクワークなどで眼も疲れているはずです。

 

そして若いころはよいですが

年とともに白内障や、緑内障などの心配も増えてくるはずです。

白内障などは日本の失明の原因の第一位とも言われています。

 

この白内障は40代から進行し始め

50代では2人に1人か発症すると言われているのです。

ですが、眼科ドックなどで早期に発見できれば

失明してしまうほどひどくなる前に

治療を行うこともできるはず!ということで

眼科ドックがかなり注目をあびているのだそうです。

 

ちなみに眼科ドックを受けたほうがよい方は↓のチェックをどうぞ。

img_01

出典 www.wakasa.jp
偏頭痛と眼と関係ある場合もあるんですね。

一度も目の検査をしたことがない方も一度チェックしておくと

自分の眼の状態を知ることができて安心できるでしょうね。

どんな病気を発見できるの?

白内障、緑内障、加齢性黄斑変性症、網膜裂孔、

ドライアイなどは1度の受診で診断が可能だそうです。

 

ドライアイなどはデスクワークをしている方には

とっても身近なものだと思います。

料金はいくらくらい?時間はどれくらいかかるの?

眼科ドック料の料金はおよそ基本的な検査なら

約8000円~15000円で受けられるようです。

 

この料金や検査内容は眼科によってかなり違うようですので

きちんと病院で自分の検査したい内容が検査できるかどうかを

調べて受診してくださいね!

 

あとオプションなどでアレルギー検査や角膜の状態などの

検査などを行うこともできるようです。

 

アレルギーの血液検査は17000円ほど、

角膜形状解析は1000円ほどで受けられます。

 

そして検査自体は診察15分、検査約1時間半ほどで終わるそうです。

注意点!

眼科での検査内容によっては瞳孔を開く目薬を使うので

病院に行く際は車や自転車での来院よりは

公共の交通機関がよいでしょう!

こちらも病院によって異なる場合もあるので

ちゃんと事前にチェックが必要ですね!

 

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました