【2015】台風15号進路最新情報!米軍

気象情報

 

台風15号がじわじわと日本に接近しております。その名もコーニー

なんだかお利口そうなお名前ですが、とんでもないやっかいもの。

これからの進路、最新情報(米軍)を調べてみました。

Sponsored Link


米軍予想です。

bgnhjujl

米軍の予想時刻は日本のものと時差がありますので、

9時間足して計算しないといけません。

310261-AUT-015

今回調べてみたところ、

米軍の予想進路、時刻と気象庁の予想進路、時刻は

ほぼ一緒でした。

 

台風15号の22日現在の場所は

バシー海峡を北に向かって移動しているそうです。

 

中心気圧は945㍱、最大瞬間風速60㎞/s、最大波の高さは10.9m

沖縄地方は12mという予報も出ています。

 

予想雨量は明日23日夕方までに多いところで250㎜

だそうです。

かなり大きめですね。

 

強さとしては非常に強いとのことです。

というか、最大週間風速60mというのは

最大級レベルで、

外に出歩くのは危険です。

電信柱や、樹木も倒れる可能性があります

 

外出などは最大限控え、

充分警戒する必要があります。

 

今のところの進路予想では沖縄、九州に直撃するとのことです。

 

台風15号は明日23日には沖縄の先頭諸島にかなり接近する見込み。

23日夜18時には沖縄付近を通過し、

24日未明には沖縄を直撃する可能性もあります。

 

台風15号は勢力が非常に強く、

進む速度が15km/h(9kt)と自転車程度の速さなので、

石垣島などの先島諸島や沖縄本島は長時間に渡り

台風の被害を受けると推測されています。

 

25日には、九州を直撃する予報が出ています。

その大きさから中四国、西日本にも影響がありそうです。

強風、大雨などに注意が必要です。

 

その後台風15号は

26日から27日日本海に出て温帯低気圧に変わり、

消滅する見込みとなっています。

 

ですから八重島地方の方は22日夜から高波に中止していただき

23日から24日の朝にかけては暴風に十分注意する必要があります。

 

宮古島地方の方は23日朝から24日明け方まで暴風・高波に気を付けていただき、

 

沖縄本島地方の方は23日から高波に注意する必要があり、

24日明け方から暴風に充分警戒する必要があります。

 

一人の命も犠牲になることなく、皆様の無事を祈るばかりです。

被害も最小限に抑えれるように、今から備える必要がありますね。

 

ちょうど来週渡韓の予定をたてていた人も多いでしょうから、

飛行機や船も欠便が相次ぎそうです。

 

スケジュールを立てていた人はそれも合わせて十分に

気を付けてくださいませ。

 

以上 22日現在の台風15号の進路最新情報(米軍)でした!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました