サーフェイスプロ4の最新情報!【10月6日】

 

10月6日サーフェイスプロ4の発表がありました。

動画はご覧になりましたか?

かなりのグレードアップをしています。

小難しいのが苦手な方にも分かるように、

最新情報を超簡単にまとめてみました。

Sponsored Link


 

サーフェイスプロ4最新情報

 

ghhjkl

まず時間がある方は動画(1時間40分程)を

見てください!

 

かなり見ごたえあります!

発表会の全貌はこちらから↓

http://www.microsoft.com/october2015event/en-us/live-event

 

忙しい方のために、↓

https://youtu.be/6Gh4o9IqeEU

こちらは10月6日に公開された最新のプロモーション映像です

 

簡単にまとめてみます。

 

どこがグレードアップしているかと言いますと

基本的な外観はあまり変わっていません。

 

①画面の枠の黒い部分を狭め、液晶が12.3インチになりました。(元は12インチ)

 同じ大きさの中でより広く大きく見えるようになりましたね。

 

そして前回の課題であった
 
 ペンがボディにマグネットで簡単にくっつきます。

 

これはいいですね。

Pro3でやっててほしかった。笑

 

そしてペンが変わったのは前回までは消しゴム機能は

指近くのボタンを押して使っていましたが、今回からは

普通のシャーペンと同じように、ペン先の逆側に着きました。

より普通のペンと同じように使えるようになりましたね。

色も、金、銀、赤、青、黒の5色でかっこいいです。

 

キャプチャ
 

そして電池不要なのも嬉しいところ!

 

あとは今回厚さは9.1mmから8.4mmに薄くなり、

 重量も800gから766g(Core mモデル)/786g(Coreモデル)へと

 さらに軽量化したそうです。

④スペックも最大メモリ16ギガ、容量1テラだそうです。

 CPUも第6世代のコアM3とコアi5とi7です。

⑤そしてキーボードが一つ一つの間が出来て、よりタイピングしやすくなった

 のではないでしょうかね。

今までキーボードのマスがくっついてて

うちにくいという声も多かったですからね。

これもいい改善ですね。

yui

 

⑥そして新たなドッキングステーションも登場です。

 

先回までは、専用ドッキングステーションは角度を

 変えることが出来ず改善の余地がありましたが、

 今回のドッキングステーションは固定式ではなく

 シンプルなものになりました。

 

キャプチャ

 

22

キャプチャ2

 

これなら角度の心配もないですね。

Pro3でも互換性があるとのことでした。

 

USB(3.0)が4つ、Displayportが2つ、イーサネットがあるようで、

USB-HUBみたいな感じですな。

モニターを2つにできるわけですね。

 

どうやら電源コネクタからつなぐようです。

いや~~いいですね。

かなり改善されてます。

 

値段は??

 

そして値段

 

■CoreM3/4G/SSD128G 899$(約10万8000円

■Corei5/4G/SSD128G 999$(約12万円

■Corei5/8G/SSD256G 1299$(約15万6000円

■Corei7/8G/SSD256G 1599$(約19万2000円

■Corei7/16G/SSD256G 1799$(約21万6000円

■Corei7/16G/SSD512G 2199$(約26万5000円

 

となっています。

これにタイプカバーが15000円から17000円ぐらいかと思われます。

 

 

発売日はいつ??

ghjk

 

発売日はアメリカでは注文予約が開始されており、

10月26日からアメリカ・カナダで発売開始される

とのことでした。

 

日本ではいつになるのかは未定ですが、

 

昨日の夕刊の新聞には

年内には発売されるのではないか

と書いてありました。

 

たしかに、どうせセールスかけるなら

一年で一番売れる年末から年始にかけてが

良いでしょうからね。

きっとクリスマス前には

日本でも発売されるのではないでしょうか!?

 

以上サーフェイスプロ4最新情報【10月6日】でした!

 

他にも、

サーフェイスブック(SurfaceBook)のことも

気になる方は↓こちら↓をどうぞ!

 

関連記事

Surfacepro4とSurfaceBookを徹底比較!おススメはどっち?

【10月発表会速報】surface とさらに衝撃の新商品が!!!

Sponsored Link