天皇家の菊花紋の起源はユダヤ?菊花紋の謎

ちまたで噂の

令和の時代となり、日本も新しい時代へと
進み始めています。

今日は日本人のルーツはユダヤになり
菊の家門のルーツもそこにあるという噂を聞いたので
調べてみました!

Sponsored Link

菊花紋とは?

日本人ならほとんどの人がお持ちだと思います、パスポートの表紙に
刻まれている花の模様。あれが菊花紋です。


菊と言えば天皇家のシンボルでもありますよね。

このパスポートに使われている模様は

菊の花びらが重なっていない一重の「十六一重表菊」という名称でなのですが

天皇家の菊花紋は16枚の花弁が重なっている「十六八重表菊」というものだそうです!
花びらの重なりに違いがあるとは…知りませんでした。

その歴史は古く、

鎌倉時代の後鳥羽上皇が菊の紋をことのほか愛用されたらしく、

その後も後深草天皇、亀山天皇、後宇多天皇へと継承され、

皇室のシンボルとして定着していったようです。

後鳥羽上皇が愛用したこの文様、一体誰がデザインした物なのでしょうか?

一説によると仁徳天皇に仕えていた貴族が

大陸から持ち込まれた菊の美しさに魅了されて

使用を始めたらしいのですが、

そのデザインの発祥については

記述が文献にはないそうなのです。

しかし!日本ではない他の場所でこの菊花紋が見つかったのです。

 

古代西アジアにも菊花紋があった!?

平安時代よりさらに昔、紀元前30世紀前後のエジプトで

太陽の象徴と考えられる金の皿が王族の墓に収められていたそうです。



どうですか?菊花紋そっくりですよね。

他にも紀元前24世紀に存在したシュメール王朝の王家を象徴する家門として

十六芒星が使われていたそうなのですが、

これも16枚の菊の模様である菊花紋そっくりです。



その他にも現在のイラクにあるバビロン遺跡には

紀元前575年にネブカドネザル王の命令によって建造されたイシュタル門にも

菊花紋に酷似した紋章が王家の紋章として描かれています。



イスラエル民族の父であるアブラハムはシュメール出身の人物だそうです。

バビロンはそのシュメールの流れを継いだ国だそうです。

日本の天皇の象徴である菊花紋と古代イスラエルの繋がり…

ロマンがありますね。

出典:日本とユダヤのハーモニー

皇室の結婚の条件ってなに?身分?佳子さまのお相手は??
こんにちわ! 秋篠宮家の次女である佳子さまが 連日話題になっていますね。 そしてなんと佳子さまの花婿相手についての 報道もあったりしております…! でもところで 皇室の結婚の条件って一体なんなんだろう??...


https://xn--t8j0a6ivb6637aedfmxi.com/3897.html

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました