これだけは気をつけたい危険なpH調整剤!リン酸塩・リン酸ナトリウムについて!添加物対策!

健康情報

コンビニのおにぎりの裏面を見てみると

お米以外の成分がびっしり書かれていますよね!?

そしてその中でよく目にするのが

「PH調整剤」です。

 

何を調整してるのかな?

PH調整剤って全部危険なの?

どんな影響があるの?

 

気になったので調べてみました!

Sponsored Link


 

pH調整剤とは

「pH調整剤」は食品のPHを4~5程度の酸性に保ち

菌の増殖を抑えて腐敗をふせぐために添加されているのですが

特定の物質を示すものではなく
クエン酸、

グルコン酸、

フマル酸、

コハク酸、

クエン酸三ナトリウム、

炭酸カリウム、

炭酸ナトリウム、

リン酸塩、

アジピン酸、

乳酸
などを一括表示したものなのです。

ちょっと一括しすぎです!w;;

つまり一括表示されているので

一体それがクエン酸なのか、リン酸塩なのか…

正体不明なのです…

 

ほとんどのものが危険なものではないのですが

危険な成分も一括表示されるので

その中でも危険な成分が入っている可能性も

否定出来ないというわけです。

 

ではこれだけは気をつけたい!という

成分をご紹介!!

 

リン酸塩(Na) … リン酸ナトリウム

 

膨張剤や調味料、PH調整剤として用いられる。

また、リン酸塩はとり過ぎると

カルシウムや鉄分の吸収が悪くなり、

骨が脆くなったり、貧血の心配があります。

 

そしてリン酸塩はPH調整剤だけでなく

「調味料(アミノ酸等)」にも

含まれていることもあるのだとか!

 

このリン酸塩は

ソーセージ、ハム、缶詰、麺類、ソース、清涼飲料水

などによく使われています。

image8315
その中でも特にソーセージにはほとんど使われていて

使われていないものを探そうと思ったら

そうとう高価なソーセージを探さないといけないです。

 

添加物対策!

添加物は食べる前にちょっとした手間暇、工夫を

することで減らすこともできるのです。

間違って買ってしまった!

ついつい買ってしまった…!

というときは「お湯に通す」だけでも

添加物は半減させることもできるのです。

 

①インスタントラーメン・中華麺はゆでこぼす

麺は別にゆでてスープのお湯は新しく沸かしたお湯で

つくること!

 

②ちくわ・練り物・魚肉は下茹でする

おでんの具なども別に下茹でする。

かまぼこは薄くスライスしてゆでると良い

 

③ハム・ソーセージは湯通しすること

ハム・ソーセージは切れ目を入れて2~3分下茹ですること。

 

ほんのすこしの手間で添加物を体に取り込まないように

することができます!

買い物するときに成分表を見る!

料理の前の一手間など!

自分の体は半年前に自分が食べたものでできている

と言われています!

健康第一!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました