翁長雄志知事の娘が中国人と結婚していた!?

ちまたで噂の

 

今話題の沖縄県知事 翁長雄志知事。

vt
普天間基地移設の問題で

菅官房長官が会いに来ても、

安倍首相と会談しても、

断固として、反対の意思を曲げませんでしたね。

政府の「粛々と進めていく」

との発言に

「上から目線だ」

と反論したり、

なにかと話題になっていますね。

 

そんな翁長知事ですが、

実は、巷でこんながあります。

それは

翁長知事の娘が中国共産党幹部の息子と結婚している。

翁長知事は中国共産党寄り。

というものです。

 

本当なんでしょうか??

調べてみました。

 

翁長知事プロフィール

 

翁長雄志(おながたけし)

1950年10月2日(64歳)

法政大学法学部出身

無所属だそうです

元々は自民党に所属していたとウィキには

書いてありました。

 

でもなにかと共産党と縁があるみたいですね。

 

ちなみに父は翁長助静で元真和志村の村長

兄は翁長助裕で元沖縄県副知事・県議会議員

だそうです。

 

皆政治家なんですね。

そして娘さんは2人いるそうです。

娘さんの情報は全然ありませんでした。

 

 

噂の真相

 

そして娘が中国人と結婚していて、

相手はエリート共産党員

翁長知事は中国より

こんな噂が広がっています。

なんで中国人と結婚??

 

政治家の娘が中国人、

しかも共産党のエリートと結婚。

 

そんなことほんとに可能なの??

 

もし本当なら、えらいこっちゃですが。。。

そんな疑問がわいてきますが、

どうも噂では、娘さんは中国に留学

北京大?に通っていたいそうです。

そこで、共産党幹部の息子と結婚すること

になったようです。

 

それで基地問題なんかでも中国よりの

姿勢をとらざるをえないんだとか。

 

そして(那覇市長時代に)

福建省福州市との友好都市締結30年を記念し

龍柱建設を計画したのですが、

そこで「翁長氏に中国側から賄賂が流れた

という怪情報が流されているそうです。

加えて「龍柱が完成したら龍の目は上海を向く」という

噂もあるそうです。

つい先日も中国の首相と会談してましたもんね。

怪しいですね。

だとしたら、日本政府の方針に断固反対するのも

裏がとれますけどね。

どうなんでしょうか?

 

真相の裏

 

でもですね、さらに調べてみると

 

意外な事実が分かってきました

どうもこの噂は意図的に流されたデマみたいなんです。

 

というのが、

むしろ断固として政府と対立する

翁長知事をなんとか蹴落としたい?

と思う官邸側?の人間の仕業だとか。

 

なんとか翁長知事のスキャンダルなり、

落ち目がないかを探って、いろんな情報を

集めているみたいなんです。

 

そして事実でない情報を流してはネットで、

拡散させて、広げているんだとか。

証拠として、

翁長知事が福州市から「名誉市民賞」を受賞したことが、

中国よりだ、と批判されていましたが、

それも実際は友好都市として、歴代那覇市長と福州市幹部が

「名誉市民」の称号を交換してきた歴史があるだけなんだそうです。

それを半日の証拠に仕立てあげているということですね。

これらの情報は最近出た、週刊誌の情報です。

 

デマを流した張本人は??

調べてみたところ、

デマを吹聴しているのは

惠隆之介という右派の人間であることが

言われています。

 

d

情報によると

この人とその周辺は嘘ばかりついているそうです。

なんだか何にも知らない自分たちは

どれを信じていいのやら。

複雑な気持ちですね。

 

色々調べていたら、中国よりの政治家たちの多くは

中国に何らかの形で買収されている

可能性があるのも事実なんだとか。

そういうこともわかってきました。

詳しく知りたい方はこちら。↓

 

中国寄りの政治家の裏側とは!??

 

 

政治は本当にいろんなしがらみがありますね。

翁長知事の娘さんもいい迷惑ですね。

まぁ結局のところ

私が一番気になるのは翁長知事の

かつら

ですけどね。笑

 

599x337xfbbc81a9eb925bfceaa113b2

 

カツラ疑惑の真相が気になる方はこちら

中国寄りの政治家たちの裏側とは!!!??

 

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました