セルカ棒・自撮り棒禁止の場所はどこ?!使用禁止の理由とは?

 

とっても便利な自撮り棒!

いつでもどこでもみんなで写真が撮れて

とっても便利ですが

どうやら最近、自撮り棒使用禁止な場所

増えてるらしいです!

 

なんで禁止なの?

どこで使っちゃダメなの?!

 

ってことで調べてみました!

Sponsored Link

なんで使っちゃいけないの??

ディズニーリゾートでは↓のように発表しています。

 

他のお客様のご迷惑となるおそれのあるものは

持ち込みをご遠慮ください。

・酒類 ・お弁当(ピクニックエリアをご利用ください)

・飲み物(ビン、カン) ・カート類 ・三脚等の撮影補助機材

 

Sponsored Link

撮影補助機材に自撮り棒があてはまるんですね。

パーク内は混雑しているので安全のために

自撮り棒使用を禁止しているようです。

キャストの人に撮ってもらいましょう!

 

 

世界で自撮り棒の使用を禁止している理由

世界中でも自撮り棒を禁止している施設が

増えつつあるようです。

 

美術館、博物館

見物の邪魔になる。

美術品にダメージを与える可能性があるため。

自分たち以外の人物を撮影することにもなるため。
音楽イベント

違法な録音や撮影を防ぐため。

混雑しているため危険。

見物の邪魔になる。
スポーツイベント

興奮したサポーターの凶器となる可能性から。
通信機器としての法規制

韓国では、bluetooth搭載タイプの自撮り棒は、

電磁波適合認証を受ける必要があり違反したら罰則あり。

日本では、技適マークが付いていないBluetooth搭載機器を

使用すると電波法違反で罰せられる可能性があります。

 

動物園

動物とカメラが接触した場合の危険性

 

 

日本国内の使用禁止場所

東京ディズニーリゾート

元々安全上の問題で三脚などの使用も禁止されていましたが

自撮り棒も禁止もなっており、持ち込み自体禁止です!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

こちらは三脚も一脚も自撮り棒もマナーを守れば使用OK!

金沢21世紀美術館

作品保護や、ほかのお客様との衝突を防ぐため、三脚や自撮り棒の使用を禁止している。

金沢駅

新幹線が開業した日から改札内での使用が禁止

飛行機

Bluetooth搭載のセルカ棒は電波を発するため、

機内への持ち込みは出来ません。

 

 

人混みでセルカ棒を使用した場合の危険性、

セルカ棒が盗撮を助長するなど、

セルカ棒への不満は高まっているようです。

 

マナーを守って使えば便利な自撮り棒です。

マナーを守って使いましょう!

Sponsored Link
タイトルとURLをコピーしました